結婚式の前撮りでモチベーションを上げよう

結婚式の前撮りでモチベーションを上げよう

結婚式の前撮りでモチベーションを上げよう 結婚式当日に着るドレスは、和装と洋装から選べるケースが多いです。結婚式とは人生の一大イベントであるため、和装も洋装も着てみたい、更に洋装では複数のドレスを着てみたいと考える方も中にはいるでしょう。しかし、結婚式は前もって決められた時間の中でいくつかの項目を行うため、お色直しばかりに時間をかけるわけにはいきません。そのため、式本番では複数着られないとしても、着た写真だけは残したいのであれば、前撮りをおすすめします。

前撮りは、素敵な写真を撮ることだけに専念しているため、利用時間内であればどれだけ衣装を変更しても構いません。スタジオでの撮影を思い浮かべる方も多いですが、店舗や天候によっては屋外でのロケーション撮影も可能です。素敵な背景の前でウェディングドレスを身にまとい写真を撮ってもらえば、映画のワンシーンのような仕上がりになるでしょう。桜や紅葉などの季節を感じられる写真や、夫婦二人の思い出の土地での写真を撮ることも可能です。特に思い出の土地での撮影は、当時を思い出したり、懐かしんだりして、その場所でしか出ない表情を写真におさめられるかもしれません。写真にロケーションや気分に合わせて複数のドレスを着回せるため、きっと満足できるはずです。

また、前撮りは、普段着慣れていないドレスの着用練習にもなります。結婚式の前に、本番に着用するドレスを着て数回リハーサルをする機会はあるかもしれませんが、前撮りで結婚式のドレスを着用し、着用回数を増やしておけば、更に準備はバッチリになります。例えば、短時間のリハーサルでは耐えられていたコルセットも、長時間になれば具合を悪くしてしまうかもしれません。また、本番に少しイレギュラーな動きをすることになった際に、長い丈のドレスに足を取られてしまう可能性もあります。更に、ドレスだけではなく普段はしないメイクだったりアクセサリーも、お肌のトラブルを引き起こしてしまう原因となるケースがあります。そういった起こり得るトラブルが前もって分かっていれば、不安なく本番に挑め、自信を持ってドレスを着こなせるはずです。

前撮りを行えば、結婚式本番にも写真を使えるでしょう。例えば、参列者が待機する場所に、前撮りで撮った写真を飾るだけでも皆に素敵な姿を沢山披露できるうえ、喜んでもらえます。結婚式最中に、思い出としてスライドショーを流すといったイベントにも使えます。またパンフレットや招待状にも使えて、結婚式に対してのモチベーションを上げることにも繋げられます。

最新記事